中古車を選ぶときに注視すべき「年式」と「走行距離」について

中古車を選ぶときに注視すべき「年式」と「走行距離」について


年式と走行距離、中古車の価格の関係

中古車の年式や走行距離においては、車の性能や寿命をチェックするうえでも大事なポイントとなります。どういうふうにして中古価格に関係するのか知っておくとよいでしょう。中古車の価格を決めるときは、年式が販売日に近く、走行距離が短いほど価格は高く設定されます。反対に年式が古く、走行距離が長いほど価格は安くなります。格安価格の中古車があると、予算を気にしている人にとっては魅力的に感じるかもしれません。

しかし、あまりにも年式が古かったり、走行距離が長い中古車を購入してしまうと、トラブルが起きやすくなるので注意が必要です。中古車を購入するときは、年式と走行距離の両方の内容のバランスをよくチェックして選ぶことが重要です。

年式と走行距離、初心者の狙い目の中古商品の目安

年式は中古車のコンディションを左右するポイントになります。車は使用すれば自ずと走行距離も伸びるので、年式の古い車は走行距離も長い傾向があります。安い価格で購入できるものの、コンディションは悪くなっている可能性もあります。そして、複数のオーナーが乗車していた中古車ほど、車の傷みや劣化は進んでいることが多いです。安い古い年式の車を選ぶときは、できるだけ以前のオーナーが1人で、車の発売日から5年前後経過した年式の中古車が狙い目です。

走行距離が長ければ長いほど、車の部品は消耗がすすみます。走行距離が長いと中古価格は安くなりますが、今後故障するリスクも高まります。走行距離が10万km以上の中古車は、特に故障トラブルに見舞われるリスクが大きくなると言わせているため、初心者にはおすすめできません。初めて中古車を購入する人は、走行距離が3万km~5万km程度を目安に購入を検討するのがよいでしょう。

免許をとったばかりの人には、中古車がいいでしょう。新車に比べて、金銭面も気持ちの面も楽になりますよ。